•  
     
    大連蓋世健康食品股份有限公司は海藻、魚卵を巡る珍味及食用菌、山菜野菜などの農産品を主要な食材として、国内外の和食、中華料理の飲食企業に冷凍タイプと加熱タイプの即席食品を加工する企業である。
    会社は中国行政の各部門に農業産業国家級先頭企業、国家高新技術企業、国家食用菌加工技術研究開発センタ-、国家の農産物加工モデルセンター、国家科技海振興産業モテる基地核心企業と評定される。
    会社は2002年に成立して、大連の旅順に拠点を設けた。工場の面積は25000平方メータルで、建築面積は18000平方メータルで、登録資本金は2000万元で、従業員数は265人で、年間生産能力は6000トンである。会社は既にISO22000国際品質システム認証、KOSHER認証、HALAL認証、アメリカFDA認証、EU水産認証、ロシア水産認証、CIQ、SQなど様々な国内外の食品安全認定を取得していた。さらに、商標「蓋世」も遼寧省の有名な商標を認定されました。 
    会社は2016年3月に上場して、上場番号は836826である。会社グループの傘下に全額出資した子会社を二つ設けて、大連楽世国際貿易会社、大連蓋世生物技術有限公司(主にサナギタケ、酵素などの健康食品及び功能性食品の開発をメインーとする)
    大連蓋世健康食品股份有限公司として、
    コア・バリュー:お客様が第一で、チームワークを重視し、変化を抱き、インテグリティ、激情、創新、感謝です。 
    ビジョン:社員が光栄だと思い、お客様に信頼され、社会に尊敬され、実力が極める全世界性の食品グループになることです。 
    ミッション:世界の消費者たちに栄養で、美味しい健康食品を提供することです。