•  
     

    蓋世グループは主に食用きのこ、海藻や山菜などの農水産物を主な原料を取扱い,集菌種育成、薬膳用きのこ制品の开発、加工及び販売を一体化とした農水産グループである。
    蓋世グループは農業産業国家級先頭企業であり、国家高新技術企業、国家食用菌加工技術研究開発センター、国家の農産物加工モデルセンターと認定されている、認定済み特許11項、申請中特許42項目がある。既にiso22000国際品質システム認証、qs認証、日本JAS認証、アメリカFDA食用菌32項目登録、EUIFS認証、EU水産認証、ロシア水産認証、halal,kosern認証など様々な国内外の食品安全認定を获得した。
    大連蓋世生物技術有限公司は大連蓋世健康食品股份有限公司の子会社であり、人類健康レベルを向上させる目標付けのハイテク生物会社である。集高成分蛹虫草、食用菌、効能酵素、食用菌多糖と栄養スムージー等の健康食品の開発、製造及び販売を一体化とする会社である。専門の菌種選別、育成、保存及び栽培技術部門を設け、技術革新に力尽くしている。

    グループの本部は国連環境規画署に「国際ガーデンシティ」と認証された大連に拠点を設けた。大連海、陸、空の交通が便利で,中国北部の重要な交運拠点と国家物流センターである。

    大連蓋世生物技術有限公司は蛹虫草、効能酵素となめこ菌種開発、育成、加工及び販売を一体化として、生物抽出を方向とした更新技術会社である。大連蓋世健康食品股份有限公司の子会社であり、人類健康レベルを向上する目標付の会社である。

    資格・栄誉
    10数年を渡って技術拓新をして、優れた蛹虫草菌種の選別と栽培技術の革新によって、中国国内蛹虫草のコルディセピン値低下する場面を改善した。コルディセピン値14130mg/kgまで上げました。大ロット製造ではコルディセピン10%を超える新型の菌種培養技術を独自で開発した。中国瀋陽中科院にて検査結果報告書作成した。

    2012年世界に名乗る企業団体日本キノコ協会会長企業-日本株式会社キノックスと合弁して、中国国内一流の菌種育成センターを設立し、国家一級菌種培養資格を獲得した。“会社+農民”の斬新なシステムを導入し、食用キノコ産地で“育成センター”を建ち上げた。全プロセスの技術支援と監督を行い、農民の利益を保障した上に、我社使用原料の安全性を保ちます。食用きのこ栽培革命的な進歩を起こした。

    工場:
    大連蓋世生物技術有限公司は美しい海都市の大連にあり、会社敷地面積25000㎡,中に現代化の工場面積は15000㎡である。先進な開発チーム、製造ラインをを持ち、原料庫、開発室、製造ライン、培養室、冷凍庫等を設け、年間生産能力は5000トンあまりである。現場では高レベルの衛生要求に従い設計し、各ラインに独立とした物流、エアシャワー室
    と消毒衛生設備を持つ。優れた輸入製造設備を導入することで、安定性のある製品製造が実現できる。